ヴィータの商品開発 について

毛髪、フットケア、抗菌・抗ウイルス液剤

弊社は、創業来40年間以上にわたり「毛髪研究」に従事してまいりました。

発毛剤等は直接毛髪を育成する毛母細胞まで到達しなければ効果が有りません。

色々な学術機関、専門機関の調査を致しましたが見当たらず、

弊社で試行錯誤を繰り返しながら開発されたのが「混和浸透技術」です。

 

皮膚だけに限りませんが密集した素材には隙間(分子間空間)が存在しており、

この隙間に誘導・浸透する通路をつくり上部より加えられた水溶性液剤や油性成分を

瞬時に分子単位で小さな水分子に分解し引き込みます。

この引き込む力は重力に比例しており、

水を拒む物質を無視しながら通路に浸透可能な限界まで誘導させます。

 

この技術は、よく界面活性剤かと言われますが

あくまでも界面活性機能は弊社技術の機能面効能面の一つであります。

ただし、弊社の混和・浸透技術は一切合成界面活性剤を使用いたしません。

使用しませんので、環境や人体に無害で安全な技術でございます。

水溶液のナノ化技術は

水滴最低結合分子数(水分子<H2O>2.8~2.9Å)20数個を瞬時に

分子数2~3個に変化させます。

 

また、大きな特徴の一つに

個々の対象基剤・物質の性能や性質に一切変化を与えません。

作用域分野としては、

皮膚・木材・自然石・天然皮革・コンクリート・発泡スチロール素材への浸透作用、

インク・シリコン素材・塗料・動植物蛋白質・ウイルス・DNAなどへの分離作用、

接着剤・塗料全般・硬質セラミック等への結合作用等です。

 

弊社の「自然徐放」は

一般的な「ナノカプセル」封止において

各種機能剤の素材分子構成を「混和浸透技術」を用いて矮小化させます。

弊社独自開発の封止剤を配合した上で再度細粒化させた(独自開発)

中空タイプ・ナノカプセル内へ浸透させております。

 

各用途別対応として

持続性時間軸ご要望も数時間~3ヶ月~6ヶ月程度の時間保持を初め

可能性の追求では3年の長期に亘るご要望も視野に入れて開発研究をしております。

 

弊社は「混和浸透技術」「自然徐放技術」などの高技術力を活用した商品開発を行っております。

 ぜひ、弊社の商品をご使用して戴き価値を理解してください。

株式会社ヴィータ

美と健康の研究開発型企業を目指す

私たちは、あなたが必要とするノウハウを持っています。

会社名  株式会社ヴィータ

創業     昭和52年(1977年)9月15日

設立日  昭和53年(1978年)11月25日

事業内容 医療美容・毛髪再生に関する研究及び開発
                   化粧品・医薬部外品及び消耗品の研究開発及び販売
                   全各号に付随関連する一切の業務

代表者  代表取締役社長 濱田 修次

所在地  〒553-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1号  

            大阪駅前第一ビル3階
資本金  1億7百万円

決算期  10月