​毛髪と頭皮の基礎知識

毛髪と頭皮の知識を持ちケアを心がけで

あなたの毛髪と頭皮を正常にします。

毛髪と頭皮

髪と頭皮のタイプの典型的な範囲を理解してケアする方法が必要です。

皮脂腺は、髪と頭皮のタイプを決定する上で重要な役割を果たします。皮脂の生成は、髪の毛に強度と光沢を加える自然なプロセスです。しかし、食事、血液循環、精神的苦痛、薬物、そして老化プロセスはすべて毛髪成長に影響を与える可能性があります。髪と頭皮のタイプは、次の広いカテゴリに分類されます。

オイリータイプ
過度に活動的な皮脂腺は、過剰な量の皮脂を生成が毛髪をべとついたり、脂ぎった毛髪になる可能性があります。 これは、思春期または閉経期にしばしば明らかになるホルモンの変化が原因である可能性があります。多くの人は自然に油性の頭皮を持っているため、脂っこい髪になります。金髪は黒髪よりもはるかに細いため、過剰な油分を受けやすくなります。

 

ドライヘアタイプ
乾いた髪はくすんでいて活気がなく、破損しやすくなっています。乾いた髪は、枝毛になる前に全長の15%しか伸ばすことができませんが、健康な髪は、この量の2倍まで伸ばすことができ、濡れているとさらに伸ばすことができます。乾いた髪の一般的な原因は脱水症です。保水性は、髪全体の体積の4〜13%を測定できます。
ライフスタイルの変化は、すべての違いを生む可能性があり、皮質と滑らかなキューティクルに栄養を与える事が必要です。

普通の髪
普通の髪は光沢があり、しなやかで見栄えが良く、バランスの取れた健康的なライフスタイルと適切なヘアケアの結果です。

混合状態
過度に活動的な皮脂腺と頭皮の状態が悪いと、皮脂が過剰になる可能性があります。これは頭​​皮に吸収され、エッセンシャルオイルが髪の毛の長さを移動するのを防ぎます。この状態の頭皮は、粃糠疹の一般的な原因です。混合状態の髪のタイプは、油性の毛根で、壊れやすい乾燥した縮れた毛端を持っています。

髪と頭皮のpH

髪と頭皮の正しいpH値を維持することは、 の全体的な健康にとって不可欠です。ヘアケア製品は髪のpHを制御できます。

ニュートラルpHとは?
pH7は化学的に中性です。pH値が3.5〜5.5のヘアケア製品は、ヘアケア製品に有益であると見なされます。

pHの変動
pH値が6.0を下回ると、キューティクル層が収縮して引き締まります。穏やかな酸性コンディショナー(pH 7未満)は、滑らかな表面がより多くの光を反射できるため、髪に輝きを与えるのに役立ちます。しかし、強酸は髪にダメージを与えます。ヘアカラーで、赤/オレンジの色調が髪に追加されている場合は、酸コンディショナーを使用しないでください。。

pH値がよりアルカリ性になると(7.0以上)、キューティクル層は柔らかくなり、松ぼっくりのように膨張します。これは、髪の構造内に色素を沈着させるための着色プロセスの一部として必要ですが、pHがアルカリ性になりすぎると損傷が発生します。

非常にアルカリ性で多孔質の構造の髪は、効果的に色を保持しません。この場合、キューティクルは新しい色素を保持できず、最終的には時期尚早に洗い流されます。

 

商品のご注文・お問合せは

​フリーダイヤルでお受けいたします。

代金引換は、ご自宅配送またはお近くの郵便局止め(ご希望配送いたします)

銀行振込先/ ゆうちょ銀行 

店名418 普通口座 口座番号 4173321 口座名 ㈱ヴィータ

  • Facebook
  • Twitter

​株式会社ヴィータ  530-0001大阪府大阪市北区梅田1-3-1-300

                大阪駅前第一ビル三階 06-6346-5262